奈良県のかき氷

2016/05/30
かき氷
「奈良のかき氷がアツイ!」
2015年夏、奈良で空前のかき氷ブームが到来しました。

以降、奈良県内では、かき氷を提供するお店が増え、
各店舗でオリジナリティ溢れるメニューが誕生しています。

2020年、このブームはなお健在です。

今回は、奈良県でかき氷を提供しているお店を中心にご紹介します。

お店によっては、かき氷の提供期間・提供時間が異なります。
お店に行く前に、かき氷が食べられるかをお問合せされることをオススメします。
HP:奈良かき氷ガイド


日乃出製氷(ひのでせいひょう)の氷
通常、かき氷に使われる氷は48時間かけて作られますが、
奈良の日乃出製氷は、72時間かけてゆっくりと純氷を作り上げます。
時間をかけることでカルキなどの不純物が取り除かれ、無味無臭で透明度の高い氷ができます。
さらに純度が高いので、溶けにくく、かき氷にすると舌触りがふわふわで優しくなります。
日乃出製氷の氷を使っているお店には、下の写真のようなのれんが掲げられています。
HP:日乃出製氷
16620233_2312986334_10large.jpg


氷室神社(ひむろじんじゃ)
氷室神社は氷の神様が祀られている珍しい神社で、
祭神は闘鶏稲置大山主命(つげのいなぎおおやまぬしのみこと)、
大鷦鷯命(おおささぎのみこと)、額田大仲彦命(ぬかたのおおなかつひこのみこと)です。
奈良公園のすぐ近くにあり、毎月1日には氷を奉献する氷献灯(こおりけんとう)、
毎年春に開催される「ひむろしらゆき祭」では、かき氷が奉納されます。
HP:氷室神社
住所:奈良市春日野町1-4
アクセス:
 ・近鉄奈良駅から徒歩15分。
 ・JRの奈良駅から徒歩27分。
 ・JRの奈良駅、または近鉄奈良駅から市内循環バス(外回り)に乗り、
  氷室神社・国立博物館バス停で下車。
16620233_2212070834_160large.jpg
第16代・仁徳(にんとく)天皇の時代、氷室の管理者だったのが闘鶏稲置大山主命、
氷の貯蔵法を制定したのが大鷦鷯命(仁徳天皇)、
大鷦鷯命の弟であり氷の貯蔵法を普及させたのが額田大仲彦命です。


近鉄奈良駅周辺
中国茶専門店 おちゃのこ(御茶乃子) ※夏季は行列覚悟
近鉄奈良駅のすぐ近く、小西さくら通りのCOTOモールにあるお店で、
台湾の擂茶(れいちゃ)を使ったメニューがウリです。
奈良のかき氷の先駆けとなったお店でもあります。
冬季は「緑豆擂茶ぜんざい」、夏は擂茶を使った、かき氷がオススメです。
HP:おちゃのこ
参考:食べログ
住所:奈良市小西町35-2 コトモール 1F
アクセス:近鉄奈良駅から徒歩2分、またはJRの奈良駅から徒歩12分。
16620233_2105590063_211large.jpg

擂茶氷(れいちゃごおり) (2014年9月14日に訪問)
おちゃのこの定番メニューは擂茶氷です。
その他にも、ほうじ茶ラテや定番のいちごミルクなど多数の味が楽しめます。
16620233_2105590056_15large2.jpg


氷匠 ル・クレール ※デポジット制。9時30分から予約券配布
近鉄奈良駅すぐ近くのビルの地下1Fにあるフレンチ料理店「ビストロ ル・クレール」。
お店で順番待ちの番号札を受け取り、指定の時間に向かいます。
Facebook:氷匠 ル・クレール
参考:食べログ
住所:奈良市高天町48 森田ビルB1F
アクセス:近鉄奈良駅から徒歩1分、またはJRの奈良駅から徒歩11分。
16620233_2266331642_14large.jpg

ポム キャラメリゼ (2017年9月23日に訪問)
リンゴベースのエスプーマに、リンゴのチップとコンポートをトッピングした逸品。
16620233_2266331640_58large.jpg


CAFE Luce*(カフェ ルーチェ)
近鉄奈良駅の近くにある「小西さくら通り」にあるお店。
もともとは、近鉄奈良駅から北の「きたまち」にあったお店です。
HP:CAFE Luce*
参考:食べログ
住所:奈良市角振町25-3
アクセス:近鉄奈良駅から徒歩3分、またはJRの奈良駅から徒歩10分。
16620233_2263002422_60large.jpg

プリンかき氷 (2016年6月12日に訪問)
写真は、お店がまだ「きたまち」にあった2016年6月12日に撮影したものです。
ルーチェのかき氷は、なんとプリン味。
カスタードソースとカラメルソースがかかっていて、プリンの様な味わいを楽しめます。
16620233_2216674884_7large.jpg


鶴屋徳満(つるやとくまん) 三条店
近鉄奈良駅に近い三条通りにあるお店。奈良に昔からある和菓子屋さんです。
ちなみに本店は奈良町エリアの下御門(しもみかど)商店街にあります。
HP:鶴屋徳満
参考:食べログ
住所:奈良市角振新屋町4
アクセス:近鉄奈良駅から徒歩3分、またはJRの奈良駅から徒歩12分。
16620233_2313340858_17large.jpg

和三盆あん氷 (2019年7月22日に訪問)
和菓子屋さんらしい和三盆と小豆の心地よい甘さが楽しめるかき氷です。
お店で販売している「青丹よし(あおによし)」は、お土産にオススメの逸品です。
16620233_2313340857_179large.jpg


萬勝堂(まんしょうどう)
近鉄奈良駅に近い東向商店街にあるお店。こちらも古い歴史を持つ和菓子屋さんです。
奈良の名物「三笠(みかさ)」や季節の和菓子もオススメです。
HP:萬勝堂
参考:食べログ
住所:奈良市東向中町24-1
アクセス:近鉄奈良駅から徒歩1分、またはJRの奈良駅から徒歩15分。
16620233_2314517870_29large.jpg

大和茶ミルク金時 (2019年8月12日に訪問)
奈良県のお茶・大和茶(やまとちゃ)を使ったかき氷。
自慢のあんこと、わらび餅も添えられています。
16620233_2314517869_141large.jpg


ことのまあかり
東向商店街と小西さくら通り商店街を結ぶ細い路地にあるお店。
HP:ことのまあかり
参考:食べログ
住所:奈良市小西町2 ビル2F
アクセス:近鉄奈良駅から徒歩2分、またはJRの奈良駅から徒歩14分。
16620233_2330276744_78large.jpg

氷高(ひだか) (2020年7月11日に訪問)
こちらのかき氷は琥珀糖が散りばめられており、中にはバニラアイスが隠れています。
「ことのまあかり」のかき氷は「大海人(おおしあま)」、「長屋王(ながやおう)」、
「橘三千代(たちばなのみちよ)」、「井上内親王(いのえないしんのう)」など、
飛鳥時代から奈良時代の人物の名前が付けられています。
氷高は奈良時代の女帝・元正(げんしょう)天皇。
大海人(天武天皇)と持統(じとう)天皇の孫にあたります。
16620233_2330276743_48large.jpg


奈良公園界隈
千壽庵吉宗(せんじゅあんよしむね) 奈良総本店 ※夏季は行列覚悟
東大寺の西方にある、わらび餅の専門店「千壽庵吉宗」の本店です。
2017年にお店が改装され、喫茶スペースが設けられました。
HP:千壽庵吉宗
参考:食べログ
住所:奈良市押上町39-1
アクセス:
 ・近鉄奈良駅から徒歩13分。
 ・JRの奈良駅から徒歩25分。
 ・JRの奈良駅または近鉄奈良駅から、「青山住宅」・「州見台八丁目」行きのバスに乗り、
  今小路バス停で下車すぐ。
16620233_2324036441_59large.jpg

黒ごまミルク氷(愛称:パンダちゃん) (2018年6月23日に訪問)
自家製の白玉と黒ごま餡が乗った千壽庵吉宗自慢のかき氷。
中には自慢のわらび餅も入っています。
16620233_2288683081_126large.jpg

千壽金時(せんじゅきんとき) (2016年7月9日に訪問 ※学園登美ケ丘店で撮影)
奈良県民が大好きなきな粉をかき氷にコーティングし、
甘いあんと白玉、そしてかき氷の下には、わらび餅が隠れています。
16620233_2219949378_204large.jpg


春日野窯(はるひのがま)
若草山の麓、春日大社(かすがたいしゃ)摂社・水谷神社(みずやじんじゃ)の近くにあるお店。
陶芸体験を楽しめる窯元ですが、カフェも経営しています。
店名の「春日野」は奈良公園の地名「かすがの」と読みがちですが、
「はるひの」と読みます。
HP:春日野窯
参考:食べログ
住所:奈良市春日野町158-9
アクセス:
 ・近鉄奈良駅から徒歩28分。
 ・JRの奈良駅から徒歩38分。 
 ・JRの奈良駅(東口)、または近鉄奈良駅から市内循環バス(外回り)に乗り、
  東大寺大仏殿・春日大社前バス停で下車し、徒歩10分。
 ・大仏殿前駐車場から「ぐるっとバス」(若草山麓ルート)に乗り、若草山麓バス停で下車。
16620233_2309809457_64large.jpg

若草いちご (2019年5月18日に訪問)
大和抹茶のシロップに、奈良県のイチゴ・古都華(ことか)のソースをたっぷり使ったメニュー。
イチゴも乗っていて見た目がとてもかわいらしいですね。
16620233_2309809456_101large.jpg


RAHOTSU(ラホツ)
RAHOTSUは高畑町にあるタイ料理が自慢のお店です。
HP:RAHOTSU
参考:食べログ
住所:奈良市高畑町1073-2
アクセス:
 ・近鉄奈良駅から徒歩16分。
 ・JRの奈良駅から徒歩23分。
 ・JRの奈良駅、または近鉄奈良駅から「天理駅」・「下山」・「窪之庄」行きのバスに乗り、
  福智院町(ふくちいんちょう)バス停で下車すぐ。
16620233_2329177498_10large.jpg

カオニャオ マムアン (2020年6月13日に訪問)
カオニャオ・マムアンは、ココナッツミルクと砂糖で炊いたもち米にマンゴーを添えた
タイでは定番のお菓子です。これにバタフライピーと呼ばれるハーブを使って青色にしています。
タイ産のマンゴーをぜいたくに使ったかき氷です。
16620233_2329177497_193large.jpg


ならまち
ほうせき箱 ※夏季は行列覚悟 ※デポジット制。8時30分から番号札配布
近鉄奈良駅の近く、餅飯殿(もちいどの)センター街にあるお店。
もともと「おちゃのこ」の姉妹店的な存在で、こじんまりとしたお店でしたが、
2018年に移転新装オープン。
今では「奈良のかき氷と言えば、ほうせき箱」と言われるまでに成長しました。
お店はデポジット制で、番号札の配布は8時30分から開始です。
Facebook:ほうせき箱
参考:食べログ
住所:奈良市餅飯殿町47
アクセス:近鉄奈良駅から徒歩7分、またはJRの奈良駅から徒歩12分。
16620233_2283143965_31large.jpg

リトマス試験紙氷 (2019年8月12日に訪問)
ほうせき箱の看板メニューがこの「リトマス試験紙氷」。
レモン汁をかけると氷の色がブルーからパープルに変わる不思議なかき氷です。
氷の中にはヨーグルトエスプーマがたっぷりと入っています。
16620233_2314517874_237large.jpg

なら苺氷 (2018年4月10日に訪問)
いちごシロップとミルクシロップがたっぷりとかけられたおり、ミルクのエスプーマの上に
奈良県産のイチゴが乗っています。シロップとイチゴは二重になっているので、
食べごたえがあります。
16620233_2283143964_187large.jpg


TRICO(トリコ) ※夏季は行列覚悟 ※デポジット制。12時から整理券配布
ならまちにある「TRICO」も、かき氷人気店です。
生チョコレートも自慢のお店です。
参考:食べログ
住所:奈良市薬師堂町20-2
アクセス:
 ・近鉄奈良駅から徒歩15分。
 ・JRの奈良駅から徒歩21分。
 ・JR万葉まほろば線(桜井線)の京終駅から徒歩13分。
 ・JRの奈良駅(東口)、または近鉄奈良駅から市内循環バス(内回り)に乗り、
  田中町バス停で下車し、北へ徒歩4分。
 ・奈良公園方面から、ぐるっとバス(奈良公園ルート)に乗り、
  元興寺・ならまちバス停で下車し、南東へ徒歩5分。
16620233_2313340860_169large.jpg

古都華ピスターシュ・サバイヨン (2019年7月22日に訪問)
ミルクシロップ、ソース、卵や生クリームで作るサバイヨンソース、ぷるぷるジュレとすべてに
奈良県のイチゴ・古都華が使用されています。
イチゴにもフルーツを使ったかき氷がたくさんあります。
16620233_2313340859_62large.jpg


寧楽菓子司 中西与三郎(ならかしつかさ なかにしよさぶろう)
歴史的な町並みを散策できる奈良町(ならまち)にあるお店です。
店内には喫茶スペースもあります。もちろん和菓子をいただくことができます。
HP:寧楽菓子司 中西与三郎
参考:食べログ
住所:奈良市脇戸町23
アクセス:近鉄奈良駅から徒歩10分、またはJRの奈良駅から徒歩14分。
16620233_2321339348_52large.jpg

和三金時(わさんきんとき) (2016年5月29日に訪問)
かき氷は和三盆、宇治抹茶、梅蜜みぞれ、苺みぞれと種類は意外と豊富です。
この日は和三金時をいただきました。
16620233_2214782310_247large.jpg


春日庵(かすがあん)
「さつま焼」がおいしい春日庵という和菓子屋さんです。
2階に喫茶スペースがあります。
HP:春日庵
参考:食べログ
住所:奈良市中新屋町29
アクセス:
 ・近鉄奈良駅から徒歩12分。
 ・JRの奈良駅から徒歩16分。
 ・JR万葉まほろば線(桜井線)の京終駅から徒歩14分。
 ・JR・近鉄奈良駅から「天理駅」・「下山」行きのバスに乗り、
  福智院町バス停で下車し、西へ徒歩6分。
16620233_2293633494_247large.jpg

大和抹茶白玉あずき (2018年9月2日に訪問)
濃厚な大和抹茶に白玉とあずきが乗っています。
和室の喫茶スペースも雰囲気が良くて癒やされました。
16620233_2293633492_122large.jpg


尾崎珈琲(おざきこーひー)
ならまちの人気店「ならまち旬彩ひより」が2019年3月11日に2号店としてオープンさせたお店。
コーヒーの他に、野菜の個性を生かしたスイーツも評判です。
参考:食べログ
住所:奈良市西寺林町28-6
アクセス:近鉄奈良駅から徒歩7分。または、JRの奈良駅から徒歩14分。
16620233_2312986329_215large.jpg

パンプキンドロップ (2019年7月15日に訪問)
かぼちゃのソースをベースに、メレンゲとかぼちゃのコンポートを乗せ、
野菜を使った異色のかき氷。他にも「トマトと茄子のかき氷」も人気です。
16620233_2312986328_55large.jpg


coto coto(コトコト)
ならまち散策の拠点で、市民ホールや図書館などもある
「奈良市ならまちセンター」にあるお店です。
HP:coto coto
Facebook:coto coto
参考:食べログ
住所:奈良市東寺林町38 奈良市ならまちセンター 1F
アクセス:近鉄奈良駅から徒歩10分、またはJRの奈良駅から徒歩15分。
16620233_2228499779_14large.jpg

いちじくのかき氷 (2020年9月12日に訪問)
こちらは奈良県産の無花果(いちじく)のシロップと、
生駒市(いこまし)にある吉岡養蜂園のハチミツのクリームをたっぷり使用。
氷の上には、くるみキャラメリゼが乗っており、
氷の中にはイチジクの果肉と胡麻くず餅も入っています。
16620233_2332810239_236large.jpg


バンブーノ(Bambuno)
奈良県産の食材を使ったイタリアン料理が楽しめるお店。
看板メニューは、奈良の地酒・春鹿(はるしか)の酒粕を使ったクリームベース「ならまちパスタ」。
他にも、奈良県産のほうじ茶(大和茶)を使用した「パスタ大和」も人気です。
ワインの種類が多いのも特徴です。
HP:バンブーノ
参考:食べログ
住所:奈良市今御門町22
アクセス:近鉄奈良駅から徒歩8分、またはJRの奈良駅から徒歩14分。
16620233_2312986331_136large.jpg

野迫川村(のせがわむら)わさび と きたまち豆腐のかき氷 (2019年7月15日に訪問)
吉野郡野迫川村の名産・わさびと、近鉄奈良駅の北方にある「きたまち豆腐」を
使った異色のかき氷。わさびと吉野葛が使われたジュレに、豆腐のソースがたっぷりと
乗っています。野迫川村のわさびは、辛味だけなく甘味もあるので「美味しいわさび」と評判です。
わさびが苦手な方でも、まったく問題無く楽しめるかき氷だと思います。
ちなみにかき氷のカップを乗せたプレートには、「興福寺 中金堂用材」と書かれていました。
世界遺産・興福寺(こうふくじ)の中金堂を建立する際に使用された木材のようです。
16620233_2312986330_191large.jpg


JR奈良駅周辺
ホテル日航奈良
JR奈良駅の西口に建つ奈良県内で最も高いビル(46m)であるホテル日航奈良。
宿泊だけでなく、夏は奈良を一望できる屋上でビアガーデンも開催されています。
HP:ホテル日航奈良
参考:食べログ
住所:奈良市三条本町8-1
アクセス:JRの奈良駅から徒歩1分。近鉄奈良駅から徒歩13分。
16620233_2293626205_1large.jpg

ビルベリーレアチーズケーキ氷 (2018年9月2日に訪問)
ホテル日航奈良にあるカフェ「ロビーラウンジ・ファウンテン」では、
夏季限定で「ふわふわ新食感エスプーマ氷」を楽しむことができます。
こちらは、視力改善作用があるアントシアニンを多く含む北欧産のビルベリーとヨーグルトを
使ったエスプーマをたっぷりかけたかき氷。お値段は1,400円とかき氷としては
なかなかのお値段ですが、とてもおいしかったです。
16620233_2293626203_126large.jpg


パティスリー KARAKU ※夏季は行列覚悟
JRの奈良駅から徒歩8分ほどの場所にあるケーキ屋さん。
座席数はそれほど多くないので注意です。
HP:パティスリー KARAKU
参考:食べログ
住所:奈良市杉ヶ町73
アクセス:JRの奈良駅から徒歩8分、または近鉄奈良駅から徒歩11分。
16620233_2293626160_233large.jpg

雪のメレンゲ氷 (2018年9月2日に訪問)
メレンゲ菓子と鹿さんの形をしたチョコレートが乗っています。
他にも数種類のかき氷が用意されています。
16620233_2293626157_196large.jpg


大和郡山
奈良の氷屋ヒノデさん(スイムピア奈良店) ※夏季は行列覚悟
奈良県唯一の純氷メーカー「日乃出製氷」が手がけるお店が、
スイムピア奈良のカフェスペースにあります。
「奈良の氷屋ヒノデさん」のかき氷は、シンプルで低価格なのが特徴で、
近鉄のファミリー公園前駅のすぐ近くにあるのでアクセスも良いです。
なおカフェスペースは、スイムピア奈良のチケットを買わなくても利用できます。
Facebook:奈良の氷屋ヒノデさん
HP:スイムピア奈良
参考:食べログ
住所:大和郡山市宮堂町310
アクセス:近鉄橿原線のファミリー公園前駅から徒歩1分。
16620233_2308902374_14large.jpg

ヒノデさんはシロップの種類が多いので、メニューを見ているだけでも楽しいですよ。
16620233_2308902371_163large.jpg

紅茶ミルク味 (2015年5月16日に訪問)
他に、イチゴ、マンゴー、巨峰、ラ・フランス、ゆず、もも、みかん、りんご、グアバなどがあります。
農林水産大臣賞受賞のストロベリー工房あすかルビーを使用した、
平日限定メニューの「生いちごみるく」もあります。
16620233_2155466682_39large.jpg

みかん味 (2017年9月30日に訪問。※柳町店で撮影)
みかんの酸味がしっかりとしていて、シンプルにおいしかったです。
16620233_2266964570_86large_2017100223381111c.jpg


K COFFEE(ケー コーヒー)
郡山の柳町商店街ほぼ南端にあるガソリンスタンド跡地を利用したコーヒー専門店です。
HP:K COFFEE
参考:食べログ
住所:大和郡山市柳4-46
アクセス:
 ・近鉄橿原線の近鉄郡山駅から徒歩7分。
 ・JR大和路線(関西本線)の郡山駅から徒歩11分。
16620233_2287301462_243large.jpg

コーヒー世界一周 (2018年6月2日に訪問)
シロップ、粉、氷に埋まっているコーヒーゼリーが、ブラジル、東ティモール、ケニア、
ブルンジ(アフリカ)などのコーヒーを用いてるので、この名が付いています。
コーヒーをふんだんに使ったちょっと大人なかき氷です。
16620233_2287301454_129large.jpg


和カフェ モリカ
お店に中はカフェスペースがあり、「おはぎ」などの和菓子をいただくことができます。
HP:雑穀屋 穂の香
参考:食べログ
住所:大和郡山市柳3丁目1
アクセス:
 ・近鉄橿原線の近鉄郡山駅から徒歩3分。
 ・JR大和路線(関西本線)の郡山駅から徒歩8分。
16620233_2170074824_125large.jpg

こおりやま (2017年8月27日に訪問)
モリカ特製のかき氷、その名も「こおりやま」。
地元大和郡山産、奈良県産の食材が凝縮したメニューです。
奈良市の人気店「おちゃのこ」「ほうせき箱」のかき氷でも使用されている
日乃出製氷(大和郡山)の純氷。
氷の上には、大納言小豆と金胡麻(どちらも大和郡山産)です。
16620233_2263773154_74large.jpg
サイドメニューは大和郡山の黒もち米、赤もち米、奈良の古代みかんをつかった団子、
奈良の干柿、奈良の夏みかんピール、大和郡山のいちごです。
かき氷は他にも、抹茶金時、奈良いちご、あんみつ氷があります。


かき氷亭 一歩
近鉄橿原線の筒井駅から徒歩1分の場所にある、かき氷専門店。
開店時期は5月頃~10月上旬頃で、冬季は休業しているので注意です。
HP:かき氷亭 一歩
参考:食べログ
住所:大和郡山市筒井町724-1
アクセス:近鉄橿原線の筒井駅から徒歩1分。
16620233_2285191892_198large.jpg

台湾マンゴピュレ (2018年5月3日に訪問)
宇陀産の黒豆を使ったきな粉を使った和風かき氷と、
果汁が凝縮された氷を削ったふわとろ台湾かき氷が看板メニューのお店。
16620233_2285191890_124large.jpg

特選黒蜜黒豆きな粉白玉 (2018年6月9日に訪問)
「かき氷亭 一歩」自慢の看板メニュー。
宇陀産の黒豆を使ったきな粉を使った和風かき氷です。
16620233_2287773940_121large.jpg


生駒
甘味 IKOMAYA(イコマヤ)
生駒駅と生駒ケーブルを結ぶ「グリーンヒルいこま」にあるお店。
Facebook:甘味 IKOMAYA
参考:食べログ
住所:生駒市元町1-13-1 グリーンヒル生駒 3F
アクセス:近鉄の生駒駅から徒歩1分。
16620233_2332860656_46large.jpg

生駒山(白玉トッピング) (2020年9月13日に訪問)
IKOMAYAの看板メニュー「生駒山」。
新緑の生駒山をイメージした抹茶蜜かき氷で、北海道産の小豆が添えられています。
付属の蜜で甘味を追加することができます。
16620233_2332860655_185large.jpg


楽食*宝山(らくしょく*ほうざん)
宝山寺駅のすぐ近くにある茶屋。
店内からは奈良盆地北部の生駒市内を見渡せます。
HP:楽食*宝山
Facebook:楽食*宝山
参考:食べログ
住所:生駒市門前町10-6
アクセス:近鉄の生駒駅から生駒ケーブルに乗り、宝山寺駅で下車し、徒歩1分。
16620233_2332860670_190large.jpg

キャラメルマキアート氷 (2020年9月13日に訪問)
エスプレッソとミルクシロップ、それにキャラメルソースをたっぷり使い、
バニラアイスが乗ったぜいたくなかき氷。
氷は奈良県南部・吉野郡(よしのぐん)天川村(てんかわむら)の「ごろごろ水」を使っているので、
ミネラルが豊富です。
16620233_2332860667_59large.jpg


法隆寺周辺
平宗(ひらそう) 法隆寺店 ※夏季は行列覚悟
奈良県南部・吉野町(よしのちょう)に本店を置く柿の葉寿司のお店。
世界遺産・法隆寺(ほうりゅうじ)のすぐ近くにも店舗があります。
HP:柿の葉ずし総本家 平宗
参考:食べログ
住所:生駒郡斑鳩町法隆寺1丁目8-40
アクセス:
 ・JR大和路線(関西本線)の法隆寺駅から徒歩17分。
 ・JR大和路線(関西本線)の法隆寺駅から「法隆寺参道」行きのバス。
 ・JR・近鉄の王寺駅(北口)から「シャープ前」・「国道横田」・「法隆寺前」行きの
  バスに乗り、法隆寺前バス停で下車。
 ・近鉄橿原線の近鉄郡山駅から「法隆寺前」行きのバス。
16620233_2153975981_176large.jpg

柿氷(かきごおり) (2015年8月9日に訪問)
干した甘柿をふんだんに使ったシロップが自慢のかき氷です。
濃厚な柿の味が楽しめて、さらにかき氷の上には干し柿が乗っています。
他に、すだち、すいか、かぼちゃ、さつまいもなどがあります。
16620233_2170065333_41large.jpg


明日香村
カフェ ことだま ※行列覚悟
飛鳥の名スポットである石舞台古墳(いしぶたいこふん)の近くにある人気町家カフェ。
HP:カフェ ことだま
参考:食べログ
住所:高市郡明日香村岡1223
アクセス:近鉄吉野線の飛鳥駅からレンタサイクル、または石舞台駐車場から徒歩がオススメ。
16620233_2174165100_34large.jpg

明日香くだものパッピンス(韓国風かき氷) (2017年8月11日に訪問)
パッピンスは韓国風のかき氷で、盛り付けと氷をビビンバのようにかき混ぜてから食べます。
16620233_2262253470_203large.jpg


大淀町
MARUIKE cafe(マルイケ カフェ) ※要予約
2017年12月まで大和高田市にあったお店です。
2018年6月、世界遺産・吉野山に近い大淀町で移転オープンしました。
客席と店員さんの数がそれほど多くないので、予約することを強くオススメします。
HP:MARUIKE cafe
参考:食べログ
住所:吉野郡大淀町大字中増1605
アクセス:近鉄吉野線の大和上市駅から徒歩20分。

全部のせ (2019年7月28日に訪問)
イチゴ・マンゴー・ブルーベリー・パイナップルの全4種類の味が楽しめる欲ばりメニュー。
16620233_2313685911_148large.jpg


■関連記事
奈良市をぶらり旅45 その1 ~ひむろしらゆき祭 1日目~
奈良市をぶらり旅61 その1 ~第3回 ひむろしらゆき祭~

スポンサーサイト



かき氷

名前:
メール:
件名:
本文: