奈良県の紹介

奈良県の紹介
02 /03 2015
■奈良県
紀伊半島の内陸部に位置する県で、面積は日本の国土面積の約100分の1であり、
全国の都道府県では8番目に狭いです。さらに奈良県の可住地面積は全国で
最も狭い851k㎡。県の面積の約10分の1にあたる奈良盆地に人口が集中しています。
人口は全国平均より少ないですが、人口密度は宮城県や広島県などを上回る全国14位。
nara_ken.png


【概要】
旧国名:大和(やまと)
地方:近畿地方
面積:3,690.94k㎡ (全国40位)
推計人口:1,333,957人 (2019年4月1日、全国29位)
人口密度:361人/k㎡ (全国14位)
自治体:12市15町12村
県の木:スギ
県の花:ナラヤエザクラ
県の鳥:コマドリ
県のさかな:キンギョ、アユ、アマゴ

※写真は大和郡山市で養殖されている金魚
16620233_1953212616_62large.jpg


【観光都市・奈良県】
雄大な自然と文化交流が盛んな奈良県。
奈良公園には野生の鹿が約1,200頭が生息しており、
人と鹿が共生している街は、世界でも奈良だけです。
また奈良は、約1200年前まで都があった場所で、特に飛鳥時代~奈良時代にかけては
異文化交流が盛んな時代でした。
奈良には、その国際交流の痕跡が、史跡やお寺にたくさん残っています。
奈良観光は、自然や遺跡・仏像、そして文化を楽しみたいという、大人びた方にオススメです。

・ブランド総合研究所による魅力度ランキング:47都道府県中7位 (2019年)
・観光庁による外国人訪問者数ランキング:47都道府県中6位 (2018年1月~2018年10月)
・観光庁による旅行の宿泊者数ランキング:47都道府県中46位・・・ (2018年1月~12月)
 →うち外国人の宿泊者数は27位。
・国宝美術工芸品数は東京、京都に次ぐ第3位
世界遺産登録件数、国宝彫刻数、国宝建造物数、史跡名勝天然記念物数は日本一!!


【奈良県へのアクセス】
【奈良県の紹介】奈良県へのアクセスをご参照ください。
※写真は橿原線を走る近鉄電車
16620233_2017216405_1large.jpg


【奈良県のホテル・宿泊施設】
奈良県のホテル・旅館
16620233_2206941033_203large.jpg


【地域】
奈良県を大きく分けると
北和(ほくわ)・中和(ちゅうわ)・西和(せいわ)・東和(とうわ・宇陀)・南和(なんわ・吉野)
の5つの地域に分類されます。人口が集中している奈良盆地は北和の西側と、中和・西和地域に
あたり、宇陀・吉野はほとんどが山林となっています。
奈良県
各地域についての紹介は、下記の記事をご参照ください。
北和(青):【奈良県の紹介】北和地域
中和(赤):【奈良県の紹介】中和地域
西和(緑):【奈良県の紹介】西和地域
東和(紫):【奈良県の紹介】東和(宇陀)地域
南和(黄):【奈良県の紹介】南和(吉野)地域


【奈良県のみどころ】
【総集編】絶対に外せない!奈良県のオススメ観光スポット
【奈良県の紹介】オススメの観光スポット
【奈良県の紹介】オススメのイベント
【奈良県の紹介】花の名所(春)
【奈良県の紹介】花の名所(夏)
【奈良県の紹介】花の名所(秋・冬)


【奈良観光のコツ】
奈良観光は、早朝がオススメです。
県内のたいていの施設は午前9時から営業を始め、
寺院や神社なども、遅くても午前9時になれば参拝客を迎え入れる準備を終えており、
午前中であれば、観光客もまだ少ないので比較的ゆったりと観光できます。
前日の晩に奈良で宿泊すれば、移動も楽です。

奈良県内の施設やお店は、夜になると閉店するところが多いので、
午前中にいかに効率良くまわれるかがカギになります。

なお奈良県内には慢性的な交通混雑を起こす道路がいくつかあり、
特に午前10時台と、夕方の16時~18時は道路が渋滞します。
また、シーズン時は奈良公園周辺の駐車場が満車になることが多いので、
マイカーではなく、電車やバスでの移動をオススメします。

どうしても車で奈良公園に訪れたい場合は、JRの奈良駅周辺のコインパーキングであれば
比較的空いていることが多いです。
JR奈良駅から奈良公園へは、徒歩または市内循環バス(外回り)で移動しましょう。

近鉄電車や奈良交通バスでの移動をメインにする際は、
「奈良世界遺産フリーきっぷ」がオススメです。
大阪難波駅や京都駅でも購入できるので、奈良の世界遺産を制覇したいという方はぜひ。
参考:奈良世界遺産フリーきっぷ [奈良・斑鳩(1日・2日)コース]
参考:奈良世界遺産フリーきっぷ [奈良・斑鳩・吉野(3日)コース]

駅から離れている観光地へは奈良交通バスを利用しましょう。
バスの路線図は複雑ですので、どのバスに乗れば良いのかわからない場合は
観光案内所で助けてもらいましょう。奈良公園周辺の主な観光案内所は下記の4ヶ所です。
・近鉄奈良駅総合観光案内所 (近鉄奈良駅構内)
・奈良市観光センター (住所:奈良市上三条町23-4)
・JR奈良駅観光案内所 (JR奈良駅構内)
・奈良市総合観光案内所 (JR奈良駅東口を出てすぐ)

あとは必ず歩きやすい靴でお越しください。

※写真は奈良交通バス
16620233_2016737379_16large.jpg


【混雑度】
奈良県は春と秋になると観光客が多くなり、冬になると少なくなります。
しかし奈良県の観光スポットは、大阪や京都などの大都市ほど
混雑することはあまりありませんので、基本的にのんびりと楽しむことができます。
※正倉院展、なら燈花会などの一大イベントの際は、少々混雑します。


【奈良県のグルメ】
・柿の葉ずし・・・お店は「たなか」「平宗(ひらそう)」「中谷本舗」など。
・わらびもち・・・お店は「千壽庵吉宗(せんじゅあんよしむね)」など。
・葛餅、葛菓子・・・お店は「天極堂(てんぎょくどう)」「中井春風堂」など。
・柿・・・西吉野産がおすすめ。
・柿の加工品・・・お店は「奈良吉野いしい」など。
・三輪そうめん・・・お店は「三輪山本」「池利 千寿亭(せんじゅてい)」など。
・ラーメン・・・お店は「天理スタミナラーメン」「彩華ラーメン」など。
・大仏焼き・・・お店は「かめや」。
・プリン・・・お店は「まほろば大仏プリン本舗」。
・イチゴ・・・あすかルビー、古都華(ことか)

※写真は三輪山本の「三輪そうめんと柿の葉ずしセット」
16620233_1955532612_57large.jpg


【奈良県のお土産】
参考:【総集編】奈良のお土産
※写真はわらび餅で有名な千壽庵吉宗(せんじゅあんよしむね)
16620233_2101843955_149large.jpg


【奈良県のゆるキャラ】
【奈良県の紹介】奈良県のゆるキャラ
16620233_2112211371_113large.jpg


【奈良と京都の違い】
「奈良」とよく引き合いに出されるのが「京都」ですよね。
どちらも日本の古都で、お寺や神社が多くて似ているというイメージを
持たれている方が多いと思います。
しかし、奈良と京都は成り立ちや文化が異なり、お隣同士というのにも関わらず、
県民性も異なります。

■文化
・奈良は国際文化
日本の故郷(ふるさと)ともいうべき場所で、弥生時代以前、古墳時代、飛鳥時代、奈良時代と
都が京都の平安京に移されるまで、日本の中心地だった場所です。
飛鳥(あすか)文化・白鳳(はくほう)文化・天平(てんぴょう)文化が栄え、
1300年以上経った現在でも、その建築物や仏像が残っているものがあります。
それは奈良が比較的平和であり、大きな災害が少なかったということを証明しています。

奈良はシルクロードの終着点と言われており、奈良に都があった時代は世界中の様々な
文化が取り入れられ、一つの国際都市でもありました。
その証拠に、奈良時代には仏教の本場であるインドや中国の唐から僧侶を招いたり、
仏像の台座などの文化財には、ヨーロッパや中央アジアなどの遺跡に見られる模様が
描かれていたりします。
例えば薬師寺の薬師如来が座っておられる台座には、ペルシャの蓮華文様、
インド・力神(蕃人)裸像の浮彫り、中国の四方四神を見ることができます。
法隆寺では、ギリシャのパルテノン神殿で見られる「エンタシス」という技法が使われているのは
あまりにも有名です。
また、中国や朝鮮との交流が盛んだった時代で、これにより日本の文化が大きく発展したと
されています。
※写真は東大寺
16620233_2013947520_180large.jpg


・京都は日本文化
平安時代以降、都があった場所で北山(きたやま)文化・東山(ひがしやま)文化などが
栄えました。奈良時代に行われていた遣唐使が廃止されたため、外国の文化が途絶え、
日本独自の文化が次々と生まれた時代です。

奈良と同様に歴史ある場所なのですが、室町時代の「応仁の乱」により、
京都の建築物などの文化財はほとんどが焼失してしまいました。
そのため現在残っている文化財は、応仁の乱以降に再建されたものが多く、
制作年代が奈良より新しいため、技術的にも優れており華やかなのが特徴です。

日本文化を肌で感じやすい場所であるため、外国の方々からは
日本で一番人気のある観光地となっています。
※写真は金閣寺
16620233_2255962273_215large.jpg


■総評
・奈良
奈良は歴史の奥深さがあり、知れば知るほどおもしろい場所です。
中高年の方からはとても人気の高い観光地です。
奈良には由緒ある社寺や史跡がたくさんあるので、一度、その歴史的価値を理解してしまうと、
その魅力にとりつかれてしまいます。
しかし、当たり前ですが奈良の建物は京都の建物より昔に建てられた物が多いため、
見た目はとても地味です。
京都のような華やかでインパクトのある観光スポットがあまり無いので、
何の予習も無しに観光すると面白味があまり伝わりません。
自力で予習するのが面倒な方は、観光ガイドの方などのお話を聞きながら
巡ることをオススメします。また、仏像を見るなら奈良が一番です。
「のんびりと歴史を感じられ、多様な文化が融合した国際的な場所」、それが奈良です。

・京都
京都は誰もが見ただけで素晴らしさが伝わる文化財が多いため、万人受けする観光地です。
観光客の年齢層は幅広く、若者にも人気が高い観光スポットです。
奈良のように何の知識を持っていなくても、華やかでインパクトがある建物に
圧倒されてしまいます。また、庭園を見るなら京都が一番です。
街の規模も奈良よりはるかに上回るため、ただ歩いているだけでも楽しい場所です。
反面、混雑度も奈良より上回るため移動が大変な場合もあります。
新幹線の駅があってアクセスが便利なためリピーターも多く、
日本文化を色濃く感じられるものが多いのも人気が高い理由です。
「華やかでインパクトがあり、日本文化を堪能できる場所」、それが京都です。


【オマケ:奈良県の日本一】
■生産量や販売量が日本一の製品
墨、茶せん、金魚、貝ボタン、二輪菊、野球グローブ、スキー靴、スイカの種
ダリアの球根、靴下、毛皮、鹿革、プラスチックキャップなど

■その他の日本一(日本初・日本最古)
・国宝の数が日本最多
・世界遺産登録件数が日本最多
・世界最大級(日本最大)の木造建築物「東大寺 大仏殿」
・世界最古の木造建築物「法隆寺 西院伽藍」
・日本最古の瓦がある「元興寺」
・日本一面積の広い村「十津川村」
・日本一の吊り橋「谷瀬の吊り橋」
・日本一の桜の名所「吉野山」
・現存する日本最古のロープウェイ「吉野ロープウェイ」
・日本初の営業用ケーブルカー「近鉄生駒ケーブル」
・現存する日本最古の大型遊戯機械(飛行塔)がある「生駒山上遊園地」
・日本初の仏教寺院「飛鳥寺」
・日本初の世界遺産「法隆寺地域の仏教建造物」
・日本初の都城「藤原京」
・日本最大の総貯水容量のアーチダム「池原ダム」
など

※写真は十津川村の「谷瀬の吊り橋」
16620233_2284752170_81large.jpg


【オマケ:奈良県民あるある】
■新年のデートスポット
奈良県民の新年最初のデートと言えば橿原神宮(かしはらじんぐう)か
春日大社(かすがたいしゃ)での初詣です。

■掘れば土器、遺跡
畑を耕せば土器が見つかり、家を建てるために土地を買ったら遺跡が出土するというのは
奈良県ではよくある話です。
特に新しい道路や大型施設を作るとなると、事前に発掘調査が行われるため、
工事がなかなか始まらなかったり、新たな大発見があったりします。

■子どもの遊び場は遺跡
奈良県内には遺跡や古墳が多く、特に古墳は約8,000基もあります。
児童公園より遺跡の方が広いため、子どもたちが遺跡を遊び場としているケースも
少なくありません。

■冬は極寒。でも雪は降らない
冬の奈良県は、空気が乾燥していて非常に寒いです。
大阪に比べると1~3℃ほど気温が低いです。
ただ、積雪することは珍しく、5cm以上の積雪は1年に1回有るか無いかです(山間部を除く)。

■お雑煮の餅
奈良県民はお雑煮の餅の食べ方が少し変わっています。
餅を汁から取り出して、あらかじめ小皿に用意しておいた「きな粉」に付けて食べます。
そのため年末年始にスーパーに行くと、店頭にきな粉がたくさん並べられています。

■おとろしい
奈良県の方言「おとろしい」は「面倒くさい」という意味。
県外の人からすると「恐ろしい」に聞こえて、会話がかみ合わない時がある。

■キンなら・ジェイなら
奈良市周辺の人にしか通じない言葉。
「キンなら」は「近鉄奈良駅」のこと。「ジェイなら」は「JR奈良駅」のことを指します。

■海
奈良県民は、県外でのドライブ中などに海を見ると、必ずと言って良いほど「海やー!」と叫び
テンションが上がります。

■待ち合わせは行基(ぎょうき)像前
奈良県民の定番の待ち合わせスポットと言われているのが、
近鉄奈良駅東口にある行基広場です。広場には噴水と行基像があります。
行基は東大寺建立に尽力した僧侶です。

※写真は近鉄奈良駅前の行基像
16620233_2263118229_151large.jpg


【オマケ】
【総集編】奈良公園周辺のオススメのお店
【総集編】奈良のお寺10選
【総集編】奈良県の世界遺産
【総集編】奈良公園の鹿さん
【総集編】奈良県のご当地ソフトクリーム
奈良県のかき氷
ラーメン ~過去の記事一覧~
【総集編】奈良県の行事


【奈良県のええところ】


関連記事
スポンサーサイト