気ままに奈良ブログ

桜井市をぶらり旅37 ~高田山口神社 亥の子暴れ祭り~

2023/12/05
桜井市
桜井市(さくらいし)の過去の記事はこちら
桜井市をぶらり旅 ~過去の記事一覧~


2023年12月3日、奈良県中部の桜井市に行ってきました。
今回の目的は、毎年12月の第1日曜日に行われる「亥の子暴れ祭り(いのこあばれまつり)」です。


桜井駅
近鉄大阪線の桜井駅に到着です。
桜井駅は特急以外の快速急行・急行・準急・区間準急・各駅停車の普通列車が停車します。
16620233_2578397234_28large.jpg

桜井駅(南口)の外観
桜井駅から「亥の子暴れ祭り」の会場である高田(たかた)地区集荷場までは、徒歩30分です。
少し遠いですが周辺は道幅が狭く、駐車場も無いので、駅から徒歩で向かいましょう。
16620233_2578397233_101large.jpg


談山神社(たんざんじんじゃ)大鳥居
途中、談山神社の大鳥居がありました。
談山神社へ向かうには、近くを通る県道37号線が便利ですが、
この通りは旧道の多武峰(とうのみね)街道のようです。
16620233_2578397232_216large.jpg
■談山神社についてはこちら
参考:桜井市をぶらり旅18 ~談山神社~

16620233_2578397231_97large.jpg


ため池と愛宕山(あたごやま)と書かれた石碑がある場所に
高田地区集荷場があります。
16620233_2578397230_210large.jpg


山口神社(高田廃寺・高田山口神社)
行事を見学する前に、山口神社に参拝です。
急な上り坂を上っていくと、神社があります。ただし、社殿は現存していません。
所在地:桜井市高田
16620233_2578397228_54large.jpg

金毘羅大権現(こんぴらだいごんげん)
16620233_2578397229_170large.jpg

高田の山口神社は、桜井市谷地区に鎮座する石寸(いわれ)山口神社とともに
式内社「石村山口神社」の論社(ろんしゃ・比定社)とされています。
式内社とは、平安時代の927年(延長5年)にまとめられた
延喜式神名帳(えんぎしきじんみょうちょう)という一覧に記載されている神社のことです。
なお、祭神は大山祇神(おおやまつみのかみ)だそうです。
16620233_2578397227_123large.jpg

なお亥の子暴れ祭りが行われる前に、吉野町にある大名持神社(おおなもちじんじゃ)にお参りし、
近くを流れる吉野川から御白石(おしらいし)を持ち帰り、山口神社に奉納するそうです。
参考:吉野町をぶらり旅Ⅹ その6 ~大名持神社・本善寺~
16620233_2578584259_182large.jpg


高田地区集荷場
山口神社を参拝したら、ため池の側にある高田地区集荷場まで戻ります。
所在地:桜井市高田
16620233_2578397226_175large.jpg

御仮屋(おかりや)
亥の子暴れ祭りは、五穀豊穣と子どもたちの健やかな成長を願う行事で、
子どもたちの暴れ方がひどいほど、その年は豊作であると言われています。
16620233_2578397225_69large.jpg

御仮屋には、木で作った小さい農機具と、紙に包まれた小銭(おひねり)などが吊るされています。
16620233_2578397224_65large.jpg

この農機具や小銭を子どもたちで奪い合う「御仮屋暴れ」は、午後2時に始まります。
16620233_2578397223_170large.jpg

16620233_2578397222_80large.jpg

御仮屋に、山口神社の神霊を祀ります。
16620233_2578397221_92large.jpg

16620233_2578397220_92large.jpg

円錐(えんすい)形の赤飯は「ハチマキ飯」と呼ぶそうです。
16620233_2578397219_179large.jpg

御仮屋暴れ
午後2時前になると、地区の子どもたちが集まります。
16620233_2578397217_105large.jpg

午後2時。
山口神社に向かって二礼二拍手一礼をします。その後、「始め!」の合図で、
子どもたちが小銭が入ったおひねり目当てに一斉に飛びかかります。
16620233_2578397216_61large.jpg

複数の農機具やおひねりを手に入れた子どもがいれば、
一つも取れなくて泣いてしまう子どももいました。
ただ、年齢が上の子どもが分け与えるなど、微笑ましい場面もありました。
もともと、この行事に参加できるのは小学生までの子どもだったそうですが、
近年は少子化のため数が減っているようです。
16620233_2578397215_232large.jpg

おひねりを手に入れたら、子どもたちが御仮屋を壊します。
16620233_2578397214_183large.jpg

16620233_2578397213_156large.jpg

午後3時からは「膳(ぜん)暴れ」が始まります。
16620233_2578397212_6large.jpg

16620233_2578397211_41large.jpg

ハチマキ飯が並びます。
16620233_2578397210_186large.jpg

膳暴れの準備が始まりました。
16620233_2578397209_78large.jpg

ハチマキ飯と木の棒で、何らかの物体を作っていきます。
16620233_2578397208_207large.jpg

膳暴れの準備が整いました。
膳の上には、小皿や味噌汁が入ったお椀が乗っています。
16620233_2578397207_251large.jpg

膳暴れは、男の子限定で行います。
16620233_2578397206_34large.jpg

午後3時になると「膳暴れ」スタートです。
ハチマキ飯を抱えた子どもたちが、膳を足で踏みつけたり、蹴飛ばしたりします。
割れた膳や小皿の破片が飛んでくることがあるので、注意しながら見学します。
16620233_2578397205_131large.jpg

子どもたちが大暴れすることによって、神様が喜ぶと言われています。
16620233_2578397204_111large.jpg

昔は集荷場ではなく、1年交代の当屋(とうや)と呼ばれる奉仕役の自宅で、
膳暴れが行われていたそうです。
16620233_2578397203_225large.jpg

集荷場は、味噌汁の匂いが充満していました。
16620233_2578397202_134large.jpg

膳暴れ終了
16620233_2578397201_103large.jpg

日が暮れて真っ暗になる午後6時頃、この藁(わら)を使って「火消し暴れ」が行われます。
暗闇の室内(膳暴れが行われた場所)で、神棚にロウソク1本だけが灯され、
子どもたちが藁束を投げつけて、ロウソクの火を消すというもの。
これが何度も繰り返されるそうです。
今回はスケジュールの都合上、膳暴れが終わったら帰宅しました。
16620233_2578397218_213large.jpg


【オマケ】
松福堂(しょうふくどう)
帰り道、桜井駅の近くにある和菓子屋さんに立ち寄りました。
住所:桜井市桜井927
16620233_2578397200_54large.jpg

写真左から「山の辺(やまのべ・最中)」、「栗っ子(くりっこ)」、「梯立(はしだて)」です。
栗っ子と梯立は、いわゆる栗まんじゅうです。
16620233_2578397199_8large.jpg


【亥の子暴れ祭り@奈良県桜井市 2023.12.3】


■関連記事
【総集編】奈良県の伝統行事 ~冬(12月・1月・2月)~

関連記事
スポンサーサイト



桜井市





本文: