気ままに奈良ブログ

平群町をぶらり旅13 ~信貴山・朝護孫子寺 大根だき会~

2023/12/03
平群町
平群町(へぐりちょう)の過去の記事はこちら
平群町をぶらり旅 ~過去の記事一覧~


2023年12月3日、奈良県北西部・生駒郡(いこまぐん)平群町にある
信貴山(しぎさん)に行ってきました。
今回の目的は、毎年12月に行われる「大根だき会(え)」です。
16620233_2578359058_95large.jpg


朝護孫子寺
信貴山には、信貴山真言宗総本山の寺・朝護孫子寺(ちょうごそんしじ)があります。
HP:朝護孫子寺
住所:生駒郡平群町信貴山2280-1
アクセス:
 ・JR/近鉄の王寺駅(北口)、または近鉄生駒線の信貴山下駅から「信貴山門」行きの
  バスに乗り、信貴大橋バス停で下車。
 ・近鉄信貴線の信貴山口駅から西信貴ケーブルに乗り、高安山駅で「信貴山門」行きの
  バスに乗り換えて、信貴山門バス停で下車。
16620233_2578359057_32large.jpg
■信貴山
信貴山は奈良県と大阪府の境にある標高437mの山で、山の名前は聖徳太子が名づけました。
飛鳥時代、聖徳太子が物部守屋(もののべ の もりや)討伐を祈願し、寅の年・寅の日・寅の刻に
毘沙門天(びしゃもんてん)から戦いに勝つためのヒントを授り、みごと討伐に成功しました。
その後の587年、聖徳太子が「信ずべき山、貴ぶべき山(信貴山)」と名付け、寺を創建しました。

平安時代の910年(延喜10年)になると、命蓮(みょうれん)上人が伽藍を整備して中興。
さらに命蓮上人が第60代・醍醐(だいご)天皇の病を治癒すると、天皇から
「朝廟安穏・守護国土・子孫長久」の祈願寺とされ、「朝護孫子寺」の勅号を賜りました。

朝護孫子寺の特徴は24時間・365日参拝できるという点です。
これは、毘沙門天が出現した寅の刻が午前4時頃であり、その時間にお参りしたいという
人がいるためだそうです。
また、プロ野球球団・阪神タイガースの関係者が必勝祈願に訪れることでも有名です。

境内の紅葉は、見頃を迎えていました。
16620233_2578359056_57large.jpg

世界一福寅と本堂(写真中央上)
朝護孫子寺名物の世界一福寅。
16620233_2578359055_107large.jpg

16620233_2578359054_133large.jpg

信貴山には千手院(せんじゅいん)、玉蔵院(ぎょくぞういん)、成福院(じょうふくいん)の
3つの塔頭(たっちゅう)寺院(宿坊)があり、「大根だき会」の会場は千手院の
護摩堂(ごまどう)です。千手院へは、赤門を抜けたら右の下り坂を進みます。
16620233_2578359053_109large.jpg

16620233_2578359052_139large.jpg

千手院 護摩堂
千手院は、信貴山の宿坊の一つ。平安時代の延喜年間(901年~923年)に創建で、
信貴山の中では最古の塔頭寺院です。
HP:千手院
16620233_2578359051_247large.jpg

9時20分ごろになると、山伏(やまぶし・行者)らが登場。
16620233_2578359047_51large.jpg

16620233_2578359048_17large.jpg

9時30分ごろに大柴灯護摩(だいさいとうごま)が行われました。
16620233_2578359046_44large.jpg

奉納された大根
16620233_2578359045_61large.jpg

現在は販売されていないと思われる「信貴」というラベルのお酒。
製造は奈良市高畑(たかばたけ)にある八木酒造(やぎしゅぞう・今の奈良春日山酒造)。
HP:奈良春日山酒造
16620233_2578359044_18large.jpg

16620233_2578359043_164large.jpg

16620233_2578359042_195large.jpg

16620233_2578359041_207large.jpg

16620233_2578359040_60large.jpg

16620233_2578359039_216large.jpg

16620233_2578359038_205large.jpg

16620233_2578359037_225large.jpg

16620233_2578359036_245large.jpg

みなさんが大根をほおばっていたので、私も頂くことにしました。
16620233_2578359035_191large.jpg

16620233_2578359034_132large.jpg

出汁がきいており、熱々で美味しかったです。
16620233_2578359033_72large.jpg

願文の読上げが続きます。
16620233_2578359032_132large.jpg

16620233_2578359031_171large.jpg

参拝者が書いた護摩木が、次々と火の中に投げ入れられます。
私のも読み上げてもらいました。
16620233_2578359030_105large.jpg

大根だき会は、大根が無くなり次第終了です。
16620233_2578359029_251large.jpg

なお来週10日(日)、再来週の17日(日)も13時から行われます。
16620233_2578359022_155large.jpg

16620233_2578359028_133large.jpg

千手院 なでうさぎ
16620233_2578359050_199large.jpg

こちらは千手院・観音堂(厄除観音)の手水舎(ちょうずや・てみずや)。
16620233_2578359027_250large.jpg

千手院の正面にある虎模様のポスト。
16620233_2578359026_90large.jpg

曽我乃家本店(そがのやほんてん)
こちらは、朝護孫子寺境内の「信貴山観光iセンター」前にあるお店。
信貴山名物の「寅まんじゅう」が販売されています。
Instagram:曽我乃家本店
16620233_2578359025_103large.jpg

「寅まんじゅう」もおいしいですが、今回はみたらし団子を頂きました。
16620233_2578359024_154large.jpg

よもぎの香りと、もちもち食感が良く、とても美味しかったです。
16620233_2578359023_136large.jpg


【オマケ】
大根だき会御札(おふだ)
東向き、または南向きに貼ると良いそうです。
16620233_2578360328_17large.jpg

幸福の虎七福神
そう言えばプロ野球の阪神タイガースが38年ぶりに日本一を達成しましたね。
最初に日本一になった1985年(昭和60年)の時、私はまだ生まれていないので、
詳しくは知らないのですが、私がこれまで見てきた中では、今の阪神は最強だと思います。
選手たちの年齢が全体的に若くて元気があり、チームの雰囲気も良いと感じました。
16620233_2578360327_148large.jpg


■関連記事
平群町をぶらり旅Ⅷ その1 ~信貴山・朝護孫子寺 参道編~
平群町をぶらり旅Ⅵ その1 ~信貴山 寅まつり 前編~
三郷町をぶらり旅Ⅲ ~信貴山・開運橋のライトアップ~
平群町をぶらり旅Ⅳ ~信貴山・朝護孫子寺の紅葉~
平群町をぶらり旅Ⅴ ~信貴山 燈火会~
平群町をぶらり旅11 ~信貴山・朝護孫子寺 左義長(納め札焼大とんど)~
平群町をぶらり旅Ⅶ その1 ~信貴山の桜~
平群町をぶらり旅Ⅶ その2 ~信貴山の大門ダム~
【総集編】大和七福八宝めぐり
【総集編】大和十三佛霊場めぐり
【総集編】奈良県の伝統行事 ~冬(12月・1月・2月)~

関連記事
スポンサーサイト



平群町





本文: