気ままにブログ
~奈良県観光名所紹介~

奈良市をぶらり旅137 ~奈良公園・片岡梅林~

2021/02/23
奈良市
奈良市の過去の記事はこちら
奈良市をぶらり旅 ~過去の記事一覧~


2021年2月23日、奈良公園に行ってきました。
今回の目的は、奈良公園に咲く梅の花です。


浮見堂(うきみどう) と 鷺池(さぎいけ)
ここは奈良公園の南側・浅茅ヶ原園地(あさじがはらえんち)です。
梅の木がたくさん植えられている場所は、浮見堂から丘を登ったところです。
16620233_2365505289_61large.jpg

片岡梅林(かたおかばいりん・丸窓梅林)
浅茅ヶ原園地の片岡梅林では、毎年2月下旬~3月中旬頃に美しい梅の花を見ることができます。
HP:奈良市観光協会
所在地:奈良市高畑町
アクセス:
 ・近鉄奈良駅から徒歩16分。
 ・JRの奈良駅から徒歩25分。 
 ・JRの奈良駅(東口)、または近鉄奈良駅から市内循環バス(外回り)に乗り、
  春日大社表参道バス停で下車、徒歩1分。
16620233_2365505280_243large.jpg

かつて、ここには円窓亭(まるまどてい・丸窓亭)と呼ばれる建物があったので、
丸窓梅林とも呼ばれています。
円窓亭は鎌倉時代に建てられた春日大社(かすがたいしゃ)の経蔵で、
昨年2020年に春日大社境内の萬葉植物園に移築されました。
16620233_2365505279_101large.jpg

花は見頃を迎えている木と、そうでない木がありました。
まだ当分、花見が楽しめそうです。
16620233_2365505273_236large.jpg

奈良県三大梅林と比べると迫力は劣りますが、
奈良公園という身近な場所で梅の花を堪能できるのが魅力です。
16620233_2365505269_1large.jpg
【奈良県三大梅林】
・月ヶ瀬(つきがせ)梅林 1万本
 参考:奈良市をぶらり旅Ⅹ その1 ~月ヶ瀬梅林 梅まつり 前編~
・賀名生(あのう)梅林 2万本
 参考:五條市をぶらり旅Ⅳ ~賀名生梅林~
・広橋(ひろはし)梅林 5千本
 参考:下市町をぶらり旅Ⅲ ~広橋梅林~

鹿さんと梅の花
梅の花と鹿が同時に撮影できるのも世界で奈良公園だけ(?)。
16620233_2365505212_104large.jpg

16620233_2365505210_101large.jpg

16620233_2365505211_227large.jpg

こちらの木は満開でした。
桜の染井吉野(そめいよしの)と違って、品種や植えられている場所によって、
咲き具合にバラつきがありました。
16620233_2365505200_103large.jpg

16620233_2365505209_207large.jpg

16620233_2365505198_55large.jpg

16620233_2365505199_45large.jpg

16620233_2365505164_159large.jpg

緑萼梅(りょくがくばい)
梅の萼は一般的に赤色ですが、緑萼梅の萼は緑色です。
16620233_2365505197_144large.jpg

16620233_2365505161_4large.jpg

16620233_2365505162_62large.jpg

16620233_2365505143_198large.jpg

16620233_2365505144_57large.jpg

16620233_2365505141_14large.jpg

V字のイチガシ
浅茅ヶ原園地にはV字型に生えたイチガシがあります。
なお、イチガシの間にはサルスベリの木があり、夏になるとピンク色の花を咲かせます。
16620233_2365505140_235large.jpg


氷室神社(ひむろじんじゃ)
奈良公園で梅と言えば、氷室神社の境内でも見ることができます。
氷室神社は氷の神様が祀られている珍しい神社で、
祭神は闘鶏稲置大山主命(つげのいなぎおおやまぬしのみこと)、
大鷦鷯命(おおささぎのみこと)、額田大仲彦命(ぬかたのおおなかつひこのみこと)です。
HP:氷室神社
住所:奈良市春日野町1-4
アクセス:
 ・近鉄奈良駅から徒歩15分。
 ・JRの奈良駅から徒歩27分。
 ・JRの奈良駅、または近鉄奈良駅から市内循環バス(外回り)に乗り、
  氷室神社・国立博物館バス停で下車。
16620233_2365505139_136large.jpg
第16代・仁徳(にんとく)天皇の時代、氷室の管理者だったのが闘鶏稲置大山主命、
氷の貯蔵法を制定したのが大鷦鷯命(仁徳天皇)、
大鷦鷯命の弟であり氷の貯蔵法を普及させたのが額田大仲彦命です。

氷室神社境内の梅は、まだ4分咲きといったところでした。
まだまだこれから楽しめそうです。
16620233_2365505126_15large.jpg

16620233_2365505125_129large.jpg


【オマケ】
丸窓亭(まるまどてい) ※この写真は2015年3月15日に撮影。
丸窓亭は鎌倉時代の春日大社の経蔵で、国の重要文化財に指定されています。
他の都道府県であればもっと手厚くされているはずの珍しい建物なんですが、
奈良には重文が多すぎて、他の文化財と比べるとどうしても見劣るため、
2020年までこのように奈良公園の隅にポツンと建っていました。
奈良にはこういった無名ではあるものの歴史的価値の高い文化財が多数存在します。
現在は春日大社境内の萬葉植物園に移築されています。
16620233_2143435250_203large.jpg


のんある とろとろの梅酒
こちらは奈良市の酒蔵・八木酒造(やぎしゅぞう)のノンアルコール梅酒です。
とろとろ濃厚で梅の香りがガツンときます。ロックやサイダー割りで飲むのがオススメです。
16620233_2376232076_229large.jpg

関連記事
スポンサーサイト



奈良市





本文: