気ままにブログ
~奈良県観光名所紹介~

十津川村をぶらり旅Ⅵ その2 ~歴史民俗資料館~

2020/12/01
十津川村
十津川村(とつかわむら)の過去の記事はこちら
十津川村をぶらり旅 ~過去の記事一覧~

前回の「十津川村をぶらり旅Ⅵ その1 ~玉置山眺望台・清納の滝・十二滝~」の続き(2020年11月29日)。


道の駅「十津川郷(とつかわごう)」
十二滝を見たら国道168号線を北上し、道の駅に到着です。
駐車場はそれほど広くないので、満車の場合はすぐ近くの役場に駐車しましょう。
HP:道の駅 十津川郷
Facebook:道の駅 十津川郷
住所:吉野郡十津川村小原225-1
16620233_2336038140_117large.jpg

足湯
道の駅には足湯があります。
十津川村には湯泉地温泉(とうせんじおんせん)、十津川温泉(とつかわおんせん)、
上湯温泉(かみゆおんせん)の3つの温泉地があり、この辺りは湯泉地温泉と呼ばれています。
湯に足をつけただけで体がポカポカになりました。
16620233_2336038139_103large.jpg

柚子(ゆず)入りこんにゃく
十津川村の名物・柚子入りこんにゃく。
柚子の酸味が良いアクセントになっています。
16620233_2336038138_100large.jpg

きのこそば
道の駅の2階には「そば処 行仙(ぎょうぜん)」というお店もあります。
こちらはシイタケ・ナメコ・シメジなど、十津川村名物のキノコがたっぷり入った「きのこそば」です。
16620233_2336038137_81large.jpg


湯泉地温泉 泉湯(いずみゆ)
道の駅周辺には、湯泉地温泉の「泉湯」と「滝の湯」があります。
「泉湯」には広い駐車スペースが無いので、手前にある十津川村商工会か十津川村役場に
車を停めましょう。
HP:十津川村観光協会 湯泉地温泉
住所:吉野郡十津川村武蔵23
16620233_2336038113_237large.jpg


十津川村立 歴史民俗資料館
こちらは道の駅の近くにある資料館です。
十津川村の民俗資料が展示されています。
HP:十津川村観光協会
住所:吉野郡十津川村小原225-1
16620233_2336038136_77large.jpg

16620233_2336038134_122large.jpg

家屋の模型
16620233_2336038133_87large.jpg

野猿(やえん)
野猿は対岸へ行くために利用された昔の乗り物です。
カゴの中に入ってロープを引っ張り、自力でカゴを対岸まで移動させます。
村内には現在も数ヶ所残っており、実際に利用することも可能です。
参考:十津川村をぶらり旅Ⅴ その2 ~観光定番コース 野猿・玉置神社・瀞峡編~
16620233_2336038132_130large.jpg

山伏(やまぶし)の衣装
修験道(しゅげんどう)の実践者を山伏と言います。
修験道とは、悟りを得るために山にこもって厳しい修行を行う
山岳信仰に仏教を取り入れた日本独特の宗教です。
16620233_2336038131_134large.jpg

十津川村には修験道の修行の道である
世界遺産・大峯奥駈道(おおみねおくがけみち・写真右の赤線)と、
高野山と熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)を結ぶ参詣道であり、
熊野古道の一つでもある世界遺産・小辺路(こへち・写真中央左の橙線)が通っています。
16620233_2336038130_151large.jpg

十津川村の歴史資料
16620233_2336038129_232large.jpg

kago展
十津川での暮らしに利用されたカゴが展示されていました。
16620233_2336038127_20large.jpg

16620233_2336038126_142large.jpg

昔の暮らしを再現
16620233_2336038125_137large.jpg

16620233_2336038124_115large.jpg

16620233_2336038122_20large.jpg

障子にはたくさんの文字が書かれていました。
どんな意味があるのでしょうか?
16620233_2336038120_134large.jpg

16620233_2336038121_204large.jpg

十津川郷士(とつかわごうし)
16620233_2336038116_46large.jpg

十津川大水害
1889年(明治22年)8月、台風により熊野川(十津川)流域で大規模な水害が発生しました。
十津川郷(今の十津川村)では、大規模な山腹崩壊が1080ヶ所で起こり、各地で川が土砂で埋まりました。
これにより37ヶ所で堰止湖(せきとめこ)が出現し、この天然ダムが決壊したことによる洪水で
甚大な被害が発生しました。
16620233_2336038119_156large.jpg
北十津川村・十津川花園村・中十津川村・西十津川村・南十津川村・東十津川村の6村からなる
十津川郷の当時の人口は12,862人。
被害状況は死者168人、全壊・流出家屋426戸、半壊を含めると全戸数の約1/4に相当する610戸、
耕地の埋没流失226ha、林業も盛んでしたが山林も甚大な被害を受けました。
県の役人が復旧するには30年ほどかかると漏らすほど村内は悲惨な状況でした。

そこで生活の基盤を失った被災者2691人が、同年10月に北海道へ移住することを決断。
古代・飛鳥時代の壬申の乱や、平安時代末期の平治の乱、南北朝時代には南朝側につくなど、
村民は古くから十津川郷士と呼ばれる天皇を尊ぶ尊王の考えを持った者が多かったため、
北海道のトック原野(徳富川流域)に移住した後も、他の地域の開拓移住民とは異なり、
国と県の手厚い保護を受けたそうです。
移住してから12年後の1902年(明治35年)に、新十津川村が誕生。
1957年(昭和32年)に現在の新十津川町(しんとつかわちょう)となりました。
16620233_2336038117_93large.jpg
十津川村と新十津川町は村(町)章が同じで、現在でも交流があり、
新十津川町は十津川村を「母村(ぼそん)」と呼んでいます。
特に、2011年(平成23年)9月に起こった紀伊半島大水害で十津川村が被災した際には、
新十津川町で緊急支援対策会議が開かれ、義援金や職員の派遣などの支援活動が行われました。
参考:北海道旅行2014 最終日 ~旭川→新十津川→千歳~


十津川村役場バス停
16620233_2336038114_204large.jpg


十津川村をぶらり旅Ⅵ その3 ~笹の滝~」に続く。

関連記事
スポンサーサイト



十津川村





本文: