奈良県を走る近鉄車両

近畿日本鉄道
02 /19 2019
近畿日本鉄道(きんきにっぽんてつどう)の過去の記事はこちら
近畿日本鉄道 ~過去の記事一覧~


16620233_2296460655_19large.jpg


3200系
3200系は車体前面が京都市営地下鉄烏丸線の車両と似ているのが特徴です。
京都線系統の京都線・橿原線(かしはらせん)・大和西大寺駅- 近鉄奈良駅間と
京都市営地下鉄烏丸線で運行されています。
近鉄京都線は竹田駅(たけだえき)を境に地下鉄烏丸線と相互直通運転が実施されています。
HP:近畿日本鉄道
16620233_2287570043_94large.jpg


シリーズ21
2000年(平成12年)に奈良線・京都線で導入された通勤車両「シリーズ21」は、
「人にやさしい・地球にやさしい」をキーワードに製造されました。
HP:近畿日本鉄道
16620233_2295103416_252large.jpg


7020系
学研奈良登美ヶ丘駅から長田駅までを結ぶ「けいはんな線」で運用されています。
なお、けいはんな線は大阪地下鉄中央線と相互直通運転しています。
HP:近畿日本鉄道
16620233_2295103421_171large.jpg


2250系復刻塗装の記念列車
記念列車は、かつて大阪線を走っていた2250系の復刻塗装がされた5200系の車両です。
2250系は大阪線で初の特急車両でした。その後、急行車への改造が始まり、
1983年(昭和58年)までに廃車となりました。
16620233_2286975766_170large.jpg


デボ1形復刻塗装車両(5800系)
デボ1形は近鉄の前身・大阪電気軌道が上本町~奈良間の開業に備え
新造された木造電車です。
1964年(昭和39年)に廃車となるまで、50年もの間、活躍しました。
16620233_2070359955_12large.jpg


ラビットカー
ラビットカーは日本初の高加減速車両で、かつて南大阪線や吉野線で活躍した通勤車両です。
復刻塗装車両なら、現在でも南大阪線・吉野線で見ることができます。
HP:近畿日本鉄道
16620233_2177151931_77large.jpg


田原本線100周年復刻塗装車両(820系塗装色)
2018年4月1日から、田原本線では復刻塗装車両が運行されています。
こちらは、1980年代半ばまで田原本線で運行していた820系塗装色の車両。
マルーンレッドにシルバーのラインが特徴です。
HP:近畿日本鉄道
16620233_2296457999_51large.jpg


田原本線100周年復刻塗装車両(600系塗装色)
2018年7月18日に登場した復刻塗装車両第二弾。
1970年代半ばまで田原本線で活躍した600系塗装色の車両です。
車体がダークグリーン一色に統一されているのが特徴です。
HP:近畿日本鉄道
16620233_2296460668_192large.jpg


12200系・スナックカー
1969年から1976年まで製造され、2000年代まで近鉄の汎用特急の大勢力として活躍しました。
登場当時は、車内でビュフェ営業を行なうための調理コーナーがあったことから
「スナックカー」の名称が与えられたそうです。
HP:近畿日本鉄道
16620233_2288757587_157large.jpg


12400系列(サニーカー)の汎用特急車両
1977年から1986年まで製造された車両の新塗装バージョン。
2016年から汎用特急の新塗装が進められており、
これまで近鉄特急の伝統だったオレンジと紺のツートンカラーから、
クリスタルホワイトをベースにブライトイエローとゴールドを加えた
フレッシュなカラーリングに変更されています。
HP:近畿日本鉄道
16620233_2288757583_196large.jpg


22000系・ACE(エー・シー・イー)
1992年から1996年まで製造された汎用特急車両。
HP:近畿日本鉄道
16620233_2189175747_23large.jpg


22600系・Ace(エース)
汎用特急の車両としては最新モデルの22600系・Ace。
2009年に登場しました。
HP:近畿日本鉄道
16620233_2288757579_29large_20180625213936756.jpg


30000系・ビスタEX(エックス)
1978年から1985年まで製造された2階建て車両がある汎用特急。
アーバンライナーが登場するまでは近鉄を代表する車両でした。
ちなみに2階建て車両を世界で初めて運行したのは、
近鉄の初代ビスタカーである10000系です。ビスタEXはその3代目にあたります。
HP:近畿日本鉄道
16620233_2269396809_204large.jpg


21000系・アーバンライナーplus
1988年から1990年まで製造された特急車両で、
2003年に登場した次世代車両「アーバンライナーnext」に合わせて車両更新が行われ
「アーバンライナー」から「アーバンライナーplus」に改称されました。
主に名阪(めいはん・名古屋~大阪)甲特急として運用されており、近鉄の顔でもあります。
HP:近畿日本鉄道
16620233_2280262718_56large.jpg


21020系・アーバンライナーnext
2002年に登場した名阪甲特急の車両。2編成12両しか製造されていないので、
近鉄特急の中では、けっこうレアな車両です。
HP:近畿日本鉄道
16620233_2288757550_246large.jpg


23000系・伊勢志摩ライナー(サンシャインイエロー)
1993年から1995年まで製造された特急車両。
主に阪伊(はんい・大阪~伊勢志摩)甲特急、名伊(めいい・名古屋~伊勢志摩)甲特急、
京伊(けいい・京都~伊勢志摩)特急として運用されています。
HP:近畿日本鉄道
16620233_2288757566_185large.jpg


23000系・伊勢志摩ライナー(サンシャインレッド)
2013年の伊勢神宮式年遷宮に向け、2012年から3編成が
「伊勢志摩の太陽」を表現した赤色にカラーリング変更されました。
16620233_2009434042_86large.jpg


50000系・しまかぜ
2013年に登場した近鉄を代表する観光特急。
3編成18両が製造され、伊勢志摩方面まで大阪・名古屋・京都からそれぞれ1日1往復
運行されています。
HP:近畿日本鉄道
16620233_2249710345_7large.jpg


26000系・さくらライナー
1990年(平成2年)に登場した車両で、狭軌路線の南大阪線と吉野線で運用されています、
吉野山の桜をモチーフにした特急車両です。
HP:近畿日本鉄道
16620233_2246270224_32large.jpg


16200系・青の交響曲(シンフォニー)
観光特急・青の交響曲は3両編成で、南大阪線・大阪阿部野橋駅と吉野線・吉野駅の間を
1日2往復、運行しています。
「上質な大人旅へ。時を彩る美しい旋律。」をコンセプトにデザインされました。
「Blue Symphony」と書かれたエンブレム下部の飾り罫は、
吉野山の木々や草花を象徴する繊細でエレガントな印象をかたどっています。
HP:青の交響曲
16620233_2246256177_165large.jpg


15400系・かぎろひ
「かぎろひ」はクラブツーリズムの専用列車で、日本初の旅行会社専用列車です。
「かぎろひ」とは「輝く光」のことで、朝日の美しい空を表しています。
HP:クラブツーリズム専用列車ツアー
16620233_2184006944_52large.jpg


20000系・楽
楽は団体専用列車で、20100系(初代「あおぞら」)の老朽化に伴い
その代替用として1990年10月に登場しました。
楽(RAKU)は、設計コンセプトである
・Romantic Journey(ロマンチックな旅)
・Artistic Sophistication(芸術的洗練)
・Kind Hospitality(親切なホスピタリティー)
・Unbelievable!(信じられない!)
の略です。
HP:近畿日本鉄道
16620233_2116722349_126large.jpg


15200系・あおぞらⅡ
「あおぞら」号は1962年に製造された世界初のオール2階建て電車です。
現在は「あおぞらⅡ」の一部の車両が、写真右のように初代あおぞら号の復刻塗装で
団体貸切列車として運行しています。
HP:近畿日本鉄道
16620233_2269396807_184large.jpg


鮮魚列車
鮮魚列車は、三重県の「伊勢志摩(いせしま)魚行商組合連合会」のための専用車両です。
車両には伊勢・志摩で採れた新鮮な魚介類が入った箱が積まれています。
一般車両に積むと、魚介のにおいで乗客とのトラブルの原因になるので、
鮮魚専用の列車が設けられています。
2018年現在、国内で運転されている鮮魚列車・行商専用列車は、近鉄のみとなっています。
鮮魚列車の歴史は長く1963年(昭和38年)に登場しました。
現在の車両は3代目だそうです。
HP:近畿日本鉄道
16620233_2288973610_128large.jpg


生駒ケーブル・ミケ
生駒ケーブル(生駒鋼索線)の宝山寺1号線を走るミケ。
ミケは双眼鏡で景色を覗いている三毛猫をモチーフにしています。
HP:近畿日本鉄道
16620233_2295113829_80large.jpg


生駒ケーブル・ブル
ミケ同様、宝山寺1号線を走るブル。
車掌の帽子をかぶったブルドッグをモチーフにしています。
16620233_2295113795_250large.jpg


生駒ケーブル・すずらん
宝山寺2号線を走る「すずらん号」。
2013年、開業95周年を迎えるのを記念して、開業当時の配色に復元された車両です。
普段は1号線のみの運行ですが、年末年始など宝山寺への参拝客が増える時期は
2号線の車両も運行します。ちなみに複線のケーブルカーは、全国で生駒ケーブルだけです。
16620233_2295113834_66large.jpg


生駒ケーブル・白樺(しらかば)
白樺号は、すずらん号と同様に宝山寺2号線で活躍し、
5年前の2013年に開業当時の配色に復元された車両です。
16620233_2295113828_76large.jpg


生駒ケーブル・ドレミ
宝山寺駅から生駒山上駅を結ぶ山上線を走る「ドレミ」。
16620233_2295113801_58large.jpg


生駒ケーブル・スイート
ドレミ同様、山上線を走るスイート号。
16620233_2295113803_246large.jpg


【オマケ】
近鉄けいはんな線を走る大阪地下鉄(中央線)
近鉄けいはんな線と大阪地下鉄中央線は相互直通運転が行われています。
16620233_2295103425_1large.jpg


近鉄奈良線を走る京都市営地下鉄(烏丸線)
近鉄奈良線・京都線と京都市営地下鉄烏丸線は相互直通運転が行われています。
16620233_2304483751_205large.jpg


近鉄奈良線を走る阪神電車
近鉄奈良線と阪神なんば線・本線と相互直通運転が行われています。
16620233_2295103412_50large.jpg


JR大和路線(関西本線)を走るJR・221系
16620233_2225128841_30large.jpg


JR大和路線(関西本線)を走るJR・103系
16620233_2225128840_221large.jpg


JR万葉まほろば線(桜井線)・和歌山線を走るJR・227系
16620233_2319227620_151large.jpg

関連記事
スポンサーサイト