近鉄 生駒駅

近畿日本鉄道
09 /24 2018
近畿日本鉄道(きんきにっぽんてつどう)の過去の記事はこちら
近畿日本鉄道 ~過去の記事一覧~


2018年9月23日、奈良県北西部の生駒市(いこまし)に行ってきました。
今回は生駒市の中心駅である近鉄の生駒駅を紹介します。

生駒駅は、奈良県内では近鉄奈良駅、学園前駅(近鉄)、王寺駅(JR)、
大和西大寺駅(近鉄)に次いで5番目に乗降客数が多い駅です。


生駒駅
生駒市内にはJRの路線はありませんが、代わりに近鉄の路線が充実しています。
なお生駒駅は近鉄の路線しか乗り入れていませんが、改札口が2種類ある珍しい駅です。
写真左の緑色の改札口は「けいはんな線」、
写真右のピンク色の改札口は、奈良線と生駒線の改札口です。
16620233_2295103446_232large.jpg

けいはんな線の改札口
けいはんな線は途中から大阪地下鉄の中央線に乗り入れているので、
不正利用されないように、奈良線・生駒線とは改札口を分けているそうです。
16620233_2295103445_98large.jpg

奈良線・生駒線と「けいはんな線」間での乗り換えをする場合は、
駅コンコース内にある乗り換え用の改札を通らなければなりません。
改札口を抜けた後に、また改札があるという少し変わった駅です。
16620233_2295103434_229large.jpg

奈良線・生駒線の電光掲示板
写真左は奈良方面、写真中央は大阪・尼崎・神戸三宮方面。
写真右は生駒線の王寺(おうじ)方面です。
16620233_2295103443_245large.jpg

写真奥のホームが「けいはんな線」の1・2番のりば。
写真手前のホームが奈良線の3・4番のりばです。
16620233_2295103441_138large.jpg

そして、このホームが生駒線の5・6番のりば。生駒駅のホームは計3面6線です。
王寺行きの各駅停車(ワンマン)が発車しました。
16620233_2295103438_193large.jpg

生駒駅は生駒線の終着駅です。
起点は王寺町(おうじちょう)の王寺駅で、三郷町(さんごうちょう)、平群町(へぐりちょう)を
通って生駒市内に入ります。
単線の路線ですが一部区間は複線化されています。
16620233_2295103437_197large.jpg

16620233_2295103436_104large.jpg

写真奥のホームが1・2番のりばの「けいはんな線」です。
けいはんな線の前身は東大阪線で、生駒駅から東大阪市の長田駅(ながたえき)までを結び、
そこから大阪地下鉄の中央線に乗り入れていました。
2006年(平成18年)3月に東大阪線が学研奈良登美ヶ丘駅(がっけんならとみがおかえき)まで
延伸され、それに伴い路線名が「けいはんな線」に変更されました。
大阪のビジネス街である本町や、海遊館がある大阪港に行くことができ、たいへん便利です。
16620233_2295103432_93large.jpg

京都府・大阪府・奈良県をまたがる「けいはんな学研都市(関西文化学術研究都市)」の
エリアを通る路線ということで、この名前が付けられましたが
今のところ京都府内には駅がありません。
もともと近鉄京都線の新祝園駅(しんほうそのえき)や高の原駅(たかのはらえき)まで
延伸の計画がありましたが、現在は京都府が南部の開発に消極的なのと、
リニア新駅の設置場所が確定していないなどの諸事情により、計画は凍結されています。
16620233_2295103431_215large.jpg

近鉄けいはんな線を走る大阪地下鉄中央線の車両。
学研奈良登美ヶ丘駅方面からやってきたコスモスクエア行き。
16620233_2295103427_124large.jpg

生駒駅に停車する大阪地下鉄中央線の車両
16620233_2295103425_1large.jpg

なお、奈良線の東生駒駅(ひがしいこまえき)から生駒駅の間は、
奈良線とけいはんな線が並走しています。
ただし、東生駒駅には「けいはんな線」の駅は無いので注意です。
ちなみに東生駒駅の北側には、けいはんな線の車庫があります。
16620233_2295103423_82large.jpg

けいはんな線の近鉄車両(7000系)
16620233_2295103421_171large.jpg

こちらは奈良線のホームです。
写真左が大阪・尼崎・神戸三宮方面、写真右が奈良方面で、
特急・快速急行・急行・準急・区間準急・普通列車のすべての運行形態が停車します。
16620233_2295103420_224large.jpg

大阪方面の快速急行や特急に乗ると、次に停まる駅は大阪環状線の
鶴橋駅(つるはしえき)です。鶴橋駅までは15分ほどで行くことができるので
生駒市は大阪府へ通勤する人の割合が非常に多い街としても知られています。
16620233_2295103418_231large.jpg

奈良行き区間準急
16620233_2295103417_70large.jpg

大阪難波行き急行
16620233_2295103416_252large.jpg

大和西大寺駅行き各駅停車
16620233_2295103415_243large.jpg

大阪難波行き各駅停車
16620233_2295103414_111large.jpg

奈良行き快速急行(阪神車両)
2009年3月20日より奈良・神戸三宮間にて、近鉄と阪神による相互直通運転が開始されました。
このため近鉄路線を走る阪神電車、阪神路線を走る近鉄電車を見かけるように
なったことで、当時はたいへん話題になりました。
16620233_2295103412_50large.jpg

大阪難波行き特急
16620233_2295103407_87large.jpg

2階建て車両(ビスタEX)
16620233_2295103404_203large.jpg


近鉄百貨店 生駒店
近鉄百貨店は2018年現在、大阪府に3店舗、奈良県に3店舗、
三重県・愛知県・和歌山県・滋賀県にそれぞれ1店舗あります。
本店は近鉄南大阪線の大阪阿部野橋駅(おおさかあべのばしえき)にある
「あべのハルカス」です。
なお奈良県内には、生駒店の他に大和西大寺駅前にある奈良店(ならファミリー)と、
大和八木駅前にある橿原店(かしはらてん)があります。
HP:近鉄百貨店 生駒店
16620233_2295103403_116large.jpg

ぴっくり通り
生駒駅の南側にある商店街です。「び(Bi)っくり」ではなくて「ぴ(Pi)っくり」です。
16620233_2295103399_151large.jpg

商店街の長さは50メートルで、日本一短い商店街とも言われています。
一説によると、商品の値段や内容に、最高に「びっくり」するという意味で
「ぴっくり」と名付けられたそうです。(意味はよくわかりませんが)
16620233_2295103398_224large.jpg

16620233_2295103395_13large.jpg

粉もん屋 八(はち)
奈良でたこ焼きを食べるなら「粉もん屋 八」が有名です。
本店は奈良市の富雄(とみお)にありますが、奈良県内の他、
大阪府や京都府にも店舗があります。
HP:粉もん屋 八
16620233_2295103392_219large.jpg

宝山(ほうざん)もなか
ぴっくり通りにあるお「中村製菓 駅前店」で購入した「宝山もなか」。
生駒山(いこまやま)の中腹には、商売の神として親しまれている宝山寺(ほうざんじ)が
あります。その宝山寺をモチーフにした和菓子です。
ちなみに中村製菓の本店は近鉄生駒線の菜畑駅(なばたえき)と
近鉄奈良線の東生駒駅の間の位置にあります。
16620233_2295103389_192large.jpg


2018年現在、リニア新駅誘致に名をあげているのが、
奈良市、大和郡山市(やまとこおりやまし)、生駒市の3市です。
最も勢力が大きいのは、県内39市町村のうち36市町村が支持している大和郡山市案ですが、
奈良市・生駒市ともに独自の考えで誘致活動を展開しています。
16620233_2295103386_83large.jpg
リニア新駅の候補地については、下記の記事で詳しく説明しています。
参考:リニア新駅 ~奈良県三つ巴の戦い~


近鉄 生駒鋼索線(生駒ケーブル)」に続く。

関連記事
スポンサーサイト