奈良市をぶらり旅114 その2 ~奈良マラソン2019 後編~

奈良市
12 /09 2019
奈良市の過去の記事はこちら
奈良市をぶらり旅 ~過去の記事一覧~

前回の「奈良市をぶらり旅114 その1 ~奈良マラソン2019 前編~」の続き(2019年12月8日)。


前回に引き続き「奈良マラソン2019」について、ご紹介いたします。
16620233_2320695169_144large.jpg

平城宮跡(へいじょうきゅうせき)を折り返してきたランナーたちは、
次々と奈良公園を駆け抜けていきます。
16620233_2320695168_94large.jpg

16620233_2320695166_99large.jpg

市民参加型マラソンで名物となりつつあるのが、コスプレランナーの存在です。
おもしろおかしな格好をしながら走るランナーがいるので、見ているだけでも楽しいですね。
16620233_2320695165_31large.jpg

近鉄奈良駅前
奈良公園へと続く、長い登り坂を走ります。
16620233_2320695164_17large.jpg

16620233_2320695162_95large.jpg

16620233_2320695160_168large.jpg

16620233_2320695157_20large.jpg


奈良マラソンEXPO(エキスポ)
奈良マラソンの開催期間中は、
メイン会場の奈良市鴻ノ池(こうのいけ)陸上競技場(ならでんフィールド)前で
奈良マラソンEXPOが開催されます。
16620233_2320695155_226large.jpg

奈良マラソンEXPOでは、奈良県や協賛団体のPRの他、シューズやソックスなどの
スポーツ用品の販売、飲食ブースなどが出店されます。
16620233_2320695150_86large.jpg

16620233_2320695153_155large.jpg

カレーにゅうめん
奈良県は日本三大素麺(そうめん)である三輪(みわ)素麺の産地で、
素麺と温かい出汁(だし)を使った「にゅうめん」という郷土料理があります。
こちらは、三輪素麺と体が温まるカレーを使ったメニューです。
16620233_2320695149_227large.jpg

シューズの大手メーカー「ASICS(アシックス)」(写真右)
16620233_2320695147_35large.jpg

16620233_2320695146_188large.jpg

奈良県は靴下の生産が国内トップでもあります。
奈良県産の靴下はとても良質で、機能性にも優れていることで評判です。
16620233_2320695145_44large.jpg

マラソン開始から3時間30分ごろになると、多くのランナーがゴールの鴻ノ池陸上競技場に
姿を現します。
16620233_2320695143_146large.jpg

16620233_2320695141_238large.jpg

私はマラソン未経験者なので、42.195kmを完走するなんて考えられません。
特に3時間以内にゴールしていたランナーは、すごいスピードで走り続けていたので、
とてもマネできないと思いました。でも、10km種目ならいつか出場してみたいなと思っています。
16620233_2320695140_247large.jpg

13時からはマラソンの表彰式が行われました。
4位~8位までのランナーには表彰状、
1位~3位までのランナーには表彰状・トロフィー・副賞が授与されました。
ちなみにマラソン完走者であれば、完走メダルと完走タオルが授与されます。
16620233_2320695138_115large.jpg

今年の奈良マラソンは第10回記念ということで、トロフィーのデザインが一新されました。
国内有数の木材産地である奈良県南部の吉野(よしの)。
その吉野杉を使っている点は変わりませんが、丸みがあったデザインから
形状がスタイリッシュになりました。
16620233_2320695133_70large.jpg

男子は山本芳弘選手が初優勝。記録は2時間21分22秒という好記録。
おめでとうございます!
せんとくんとの撮影会というオマケ付きです(笑)。
16620233_2320695131_60large.jpg

女子は山口遥選手が2年連続、3度目の優勝を果たしました(2014年に初優勝)。
記録は2時間33分22秒で、自身が保持していた大会新記録をさらに7分も縮める快挙です。
16620233_2320695130_183large.jpg

台湾マラソン招待
奈良マラソンは、台湾マラソンと友好交流協定を締結しており、
優秀な成績を残したランナーと抽選に当選したランナーを毎年、台湾マラソンへ招待しています。
今年3月、台湾マラソンの共催大会「2019桃園市蘆竹濱海全国マラソン(Luzhu Marathon)」が
台湾の桃園市(とうえんし)で行われました。
この大会では、奈良マラソン2018男子4位の山本選手と女子優勝者・山口選手が、
男女ともに大会新記録を樹立するなど、ぶっちぎりの優勝を果たしました。
16620233_2320695128_101large.jpg
そして、奈良マラソン2019の優勝者である山本選手と山口選手が、
来年の台湾マラソンにも招待されることが決まりました。
奈良マラソン出場選手が海外の大会で活躍されるのは、
とても嬉しいことですね。

荒井正吾(あらい しょうご)奈良県知事による総括
16620233_2320695127_196large.jpg

俳優で奈良市観光特別大使の加藤雅也(かとう まさや)さん、安田大サーカスの団長・安田さん、
奈良マラソン親善大使の松井絵里奈(まつい えりな)さんを交えたランナーとのふれあいトーク。
16620233_2320695129_190large.jpg

十津川踊り隊 BON娘(ボンむすめ)
奈良マラソンEXPOのステージを締めくくるのは、奈良県南部・十津川村(とつかわむら)の
「十津川踊り隊 BON娘」です。
16620233_2320695125_69large.jpg

16620233_2320695123_253large.jpg

16620233_2320695122_223large.jpg

奈良マラソンには海外選手も出場しています。
会場にはカナダ、オーストラリア、ドイツ、香港、タイ、マカオ、マレーシア、ニュージーランド、
中華人民共和国、大韓民国、ポルトガル、シンガポール、台湾(中華民国)、イギリス、アメリカの
国旗が掲げられていました。
16620233_2320695121_249large.jpg


【オマケ】
奈良マラソンEXPOで購入した靴下。
16620233_2320695112_80large.jpg


【奈良マラソン マラソンコース】


【奈良マラソン 10kmコース】


■関連記事
奈良市をぶらり旅27 ~奈良マラソンEXPO2014~

スポンサーサイト